トップページ > 会社紹介

会社紹介

会社紹介 目次

会社紹介〜私たちはこんな会社です〜 

資源循環型社会へ向けて

2001年より「特定家庭用機器再商品化法」(通称:家電リサイクル法)が施行されました。東日本リサイクルシステムズ株式会社は、家電リサイクル法の対象機器である家電5品目(ブラウン管式テレビ、薄型テレビ(液晶・プラズマ式)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン)とOA機器のリサイクルを目的として、三菱マテリアル(株)が設立した会社です。その後、大手家電5社の出資を受けています。 家電メーカーとの協力体制のもと、資源循環型社会へ向け、家電のリサイクル事業を行っています。

廃棄物ゼロを目指す

工場では人手による一次分解・分別と破砕機等による破砕・物理分別を行うことにより、家電製品から鉄、非鉄金属、ガラス、樹脂類、その他部品等を高い収率で回収し、再資源化します。

徹底した無害化処理

冷蔵庫・冷凍庫、エアコンからオゾン層破壊の一因であるフロンを回収し、適正に処理します。  また、回収物中の有害物も三菱マテリアルグループの非鉄金属製錬所・セメント工場と連携して、無害化処理および金属の回収あるいは有効活用を行っています。

公開型リサイクル工場

工場内に見学設備を設置し、情報を公開し、環境保全に努めています。

エコタウン事業の中核を担う

「東日本リサイクルシステムズ梶vは経産省・環境省のエコタウン事業「宮城県・(旧)鶯沢町エコタウンプラン」の中核施設として位置づけられ、環境と調和し、また地域の発展に寄与していくことを目指しています。  (本事業は、経産省・環境省のエコタウン事業の補助金を受けて起業したものです)

ページトップへ戻る

LCA〜ライフサイクルアセスメント〜

LCAライフサイクルアセスメントとは・・・

製品のライフサイクル(資源の採取、素材製造、製品製造、使用、廃棄・リサイクル、輸送)において投入される資源エネルギーや、それに伴い排出される環境負荷とその地球や生態系への環境影響を定量的に評価する手法です。

LCA_1

LCA_2
ページトップへ戻る
Copyright(C) 2017 East Japan Recycling Systems Corporation All Rights Reserved.